ひよっこ第42話の感想・あらすじ「奥茨城の女子会」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の42話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第42話のタイトルは「奥茨城の女子会」です。

 

ひよっこの41話のあらすじと感想で、三男(泉澤祐希)が落ち込んでいる時子(佐久間由衣)を告白するという荒業を使って励ましました。

 

その続きとなるひよっこ第42話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ42話のあらすじ

きよ(柴田理恵)がルンルン気分で家からどこかに向かっています。谷田部家で、美代子(木村佳乃)と君子(羽田美智子)ときよの3人で女子会をするからです。

 

茂(古谷一行)は居づらいので、その場を去っていきました。進(高橋來)とちよ子(宮原和)もごゆっくりとその場からでていきます。3人は大笑いして楽しみます。

 

きよは、仕事をほっぽり投げてやってきました。時子は、子供の頃の時子の話をするのです。時子が掘った穴に亭主が落ちた話をして大笑いする3人。

 

きよは、三男の手紙の話をします。大事な仕事を任されていると書いてある三男の手紙にきよは怪しいというのでした。美代子は、みね子(有村架純)からの手紙の話をします。

 

たくさん手紙が届いて、それをみて君子も安心するんだという。美代子は、自分のせいでみね子に無理させているのではないか。そんなことを悩んでいるのです。

 

それを聞いて、きよや君子はそんなことをみね子はおもっていない。みね子は、美代子のことを世界一思っていて、美代子みたいになりたいと思っているそんな話を君子がしたのでした。

 

3人は、涙を流しながら子供たちのことを心配するのでした。そして、季節は夏を迎えました。暑い中工場で働くみね子。最近は、ミスをすることもなくなりました。

 

みんなで、最初の頃のみね子の話をして盛り上がります。みね子は、お父ちゃんのこと考えるのが減っている気がします。ひよっこ42話のあらすじはここまで。ひよっこ43話のあらすじにつづく。

 




 

ひよっこ42話の感想

ひよっこ42話は、奥茨城村の女子会のパワーを感じた回になりましたね。どうしても、子供たちの話になると花が咲くんですけど、茂や子供たちがでていかなあかんほどってすごすぎですね。

 

今の時代なら、喫茶店とかでやるんでしょうけど奥茨城にはそんなところもないから仕方ないのかな。でも、あんな話を男性陣の前でしたら確かに気分が悪くなるかもしれませんね。

 

亭主が穴に落ちてって笑ったりって・・・なかなか男性陣がいるところではできないですよね。それにしても、きよは心温かい人ですよね。きっちりと気をつかえる。

 

美代子に亭主の話をしていいかってのを確認できるところがすごいなって思いました。自分がした話でないのに、そこまで気をつかえるってのは本当に優しいんだろうなっておもいました。

 

今後も、なんかあるたびにこの3人で集まって話をするんでしょうね。なんか、とっても楽しそうで・・・。きよも古くからの親友みたいになっていましたよね。

 

二人が美人だけに、柴田理恵さんがとっても・・・に見えますが、でもこんな美人ばっかりいるわけないですよね。18歳の子供がいてこんな母親なかなかいないですよね。

 

一方のみね子は、仕事がうまくいきだして実(沢村一樹)のことを考える時間が減ってきたんですね。乙女寮の人たちも優しいし、楽しい時間が増えているから仕方ないですよね。

 

どんなに好きでも、離れてしまったらそのひとのことを思う時間よりも自分の生活のことを優先して考えるのと一緒かもしれません。それが悪いことではないんですけど・・・。

 

みね子の中には、実を探しにきたって思いが強くあるからどうしても考えてしまうんでしょうね。最後に、実の姿があったので来週あたりに登場することがあるのでしょうか。

 

実がどのタイミングで登場するのか。今後の動向がとっても気になりますね。ひよっこ42話の感想はここまでです。ひよっこ43話の感想に続きます。

 




 

あなたにおススメのページ



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)